漂泊山岳会ブログ

2020年8月結成

北ア・笠ケ岳のライチョウ8羽の群れ 20210911

f:id:asuhadokohe2026:20210922114221j:plain

先日の笠ケ岳で、ライチョウの群れと出会った

最初、登山道近くで1羽がいるのを見つけ

そっと近づいて行くと

野草の咲く荒れ地に8羽がうずくまっていた

うち2羽はやや体が小さく

今年誕生した若鳥のようだった

f:id:asuhadokohe2026:20210922114255j:plain

f:id:asuhadokohe2026:20210922114314j:plain

f:id:asuhadokohe2026:20210922114336j:plain

ライチョウ研究で有名な中村浩志信大名誉教授などの論文によると

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo/67/1/67_69/_pdf

10~3月には大きな群れになるが

4~9月は8羽未満の群ればかりだったとのこと

笠ケ岳で見かけた8羽の群れは越冬準備に入っているのかもしれない

 

間近で1時間ぐらい観察し続けたが

ライチョウたちは私など気にせず

マイペースに毛づくろいをしたり餌をついばんだりしていた

youtu.be

そのうち

とりわけ体の大きい1羽が大きく体を震わせたかと思うと

ふんをした

移動した後にふんを触ってみるとほんのり温かく

少し粘りけがあった

においはなかった

f:id:asuhadokohe2026:20210922114509j:plain

f:id:asuhadokohe2026:20210922114534j:plain

f:id:asuhadokohe2026:20210922114602j:plain

f:id:asuhadokohe2026:20210922114636j:plain

近くにはハイマツの実をホシガラスが食べ散らかした跡もあった